車買取価格君トップページ>

最新情報・レポート>

MT車とAT車はどちらが人気?

最新情報・レポート

MT車とAT車はどちらが人気?

大抵の自動車には、オートマチックトランスミッション(以下AT)とマニュアルトランスミッション(以下MA)の二種類が用意されています。これらの違いは、簡単に行ってしまえばギアチェンジを自動的に行なうか、人間が操作して行なうかということです。
ATの場合はエンジンや計器類に連結されたコンピューターが自動的に自動車の車速などを検知してギアチェンジを行います。これにより運転者は基本的にアクセルとブレーキとハンドル操作だけで車を動かすことができます。一方MTの場合は、エンジンの回転計、自動車の速度、搭載している荷物の量などを考えつつ、シフトレバーとクラッチとアクセル、ブレーキの組み合わせで運転を行ないます。
どちらかと言えばMT車の方が操作が複雑になりますが、商用バンやスポーツカーではまだまだ人気の方式です。一方でそういった複雑な操作を必要としないAT車は、それ以外の車、例えばセダン、コンパクトカーなどで人気です。どちらがより優れているかという点では、どちらにもメリット/デメリットが存在しているため一概には言えないことですが、自動車の買い取りとなったときには、車種によりかなりの差が出ることもあるようです。
ファミリー向けの車ではATが、事業用の車ではMTが人気と覚えておくと、買取額の違いが分かりやすいかもしれません。
もちろん、ATでもMTでも、同じ車の買取価格が業者により大きく異なることはあるので、当サイトをご利用いただき、査定額を比較検討してから売却されるのがおすすめです。

  • 初めての方へ
  • ご利用の流れ
  • お客様の声
  • よくあるご質問
  • 運営会社
  • スタッフ紹介


ページの先頭へ

.